ピーク時の辛さの表現とニコレットの力

タバコを断つことで起こる離脱症状はいきなり大きな辛さを感じる訳ではありません。徐々にタバコがない状態に不安やストレスを感じはじめ、やがて離脱症状のピークを迎えるようになります。
ピーク時の辛さの表現方法は様々です。強く依存してしまっている状態ですとまるで地獄の苦しみのように感じてしまうと表現されることもあれば、全てに対していらいらしてしまうという辛さを感じるという声もあります。
こういった表現がされるのはそれだけタバコには強い依存性があるからであり、その強い依存性こそがタバコが止められなくなる大きな理由です。しかしピークさえ乗り超えることができれば後は随分楽になることが殆どですので、いかにして一番の辛さをクリアするかが重要な課題になると言えるでしょう。
離脱症状を軽くする為の方法にはニコレットを噛むやり方があります。辛い症状に見舞われてしまうのはニコチンが切れてしまうからですが、ニコレットによってニコチンを補ってあげることで症状が出難くなるはずです。また、ニコレットはガムですので気持ちを紛らわせることもできますし、気分を変えるという意味でも役立ちます。
ただニコレットはニコチンを補う為のガムですので少しずつ使用量を減らしていかなければいけません。長く使ってしまうと今度はニコレットに依存してしまうこともありますし、健康の害にもなってしまいます。したがって徐々に噛む量を減らし、2~3個程度でも満足ができるようになったらきっぱりと噛むことを止めるようにしましょう。
上手く活用すればニコレットで禁煙ができる可能性も高いと言えますので、タバコを上手に止める為のサポートとして利用してみるのがお勧めです。

トップページへ